僕なりの休日の過ごし方

f:id:hiroki-of-life:20170920151947p:plain

 

こんにちは! 

hirokiです!

今回は「記事」というよりはほとんど「〜行ってきた!」とか「〜してきた」と行ったようにかな〜りゆる〜く「日記」のような感じで書いていきたいと思います。

続きを読む

今流行りのミニマリストとは?マキシマリストと比べて見た!

f:id:hiroki-of-life:20170918030313p:plain



今回は 近々よく耳にする「ミニマリスト」についての記事です。

サクッと読むための見出し

 

ミニマリストって?

まず「ミニマリスト」を知らない人のためにミニマリストとはどういうものなのか

 

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。

自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。

「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。
物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになり、その後日本でも広まったと見られる。何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、少ない服を制服のように着回したり、一つの物を様々な用途に使ったりするほか、誰かと共有したり借りたりすることで、自分が所有する物を厳選している点が共通している。
少ない物で豊かに暮らすという考え方自体は、環境問題の深刻化などを背景に以前からあった。近年は、物だけでなく多くの情報が流通する中で、たくさんの物を手に入れても満たされなかったり、多くの物に埋もれて必要な物が見えなくなったりして生きづらさを感じる人たちが増え、自分にとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけを取り込むことで楽に生きたいと共感が広がっているようだ。必要な物だけを持つミニマリストの思想は、10年頃から流行した整理法「断捨離(だんしゃり)」などにも通じる考え方と言える。

知恵蔵

 

こんな感じになります。堅苦しくてわかりづらいですよね。

 

僕なりのミニマリストについての説明

簡単に言うと、

「必要最低限。」

「最小限。」

この二つなんです。

 

 

簡単に2つ例を挙げて見たいと思います。

 

トートバック

肩掛け鞄

リュックサック

 

この三つを気分や用途に分けて使い分けているという方が多いと思います。

 

でもこれは「ミニマリスト的」じゃないんです。

 

皆さんも一度は見たり聞いたりしたことがあると思います。

「3 WAYバックパック」

一つのバックパックでトートバック、肩掛け鞄、リュックサックとして使えるというものです。

 

もちろんトートバック、肩掛け鞄、リュックサックにもそれぞれの良さがあると思いますが、一番「ミニマリスト的」なのはコレだと思います。

 

ではもう1つ。

 

皆さん、財布使ってますよね?

おそらく、その財布の中には現金(お札、小銭)、クレジットカード、ポイントカードが入っていると思います。

 

ポイントカードっていつのまにか増えていきますよね。

気づいた時にはポイントカードが財布の容量のほとんどを占めていたりして。

でも実際使うポイントカードって多くても2~3枚ですよね。

 

ミニマリスト的」な考え方で財布について考えてみます。

必要最低限、最小限ですから必要な分の現金とカード数枚入る財布がミニマリスト的ではないでしょうか?

 

同じインサロメンバーのいっこーさんがミニマリスト的な財布を紹介されているので興味のある方はコチラ↓

www.ikkokazuyuki.com

 

 よりミニマリストについて知りたい方へ

先ほど「ミニマリスト」を「必要最低限」と「最小限」という2つの言葉で簡単に表しましたが、単純に全てのモノを「必要最低限」、「最小限」にすると言うわけではなくて、「必要最低限」、「最小限」にすることで得られるメリットを考えることのようです。

 

ブロガーでミニマリストのしぶさんのブログを見て頂けると「ミニマリストはどのようなものか」をよりわかりやすく知ることができます。

 

ミニマリストしぶさんのブログはこちら↓

sibu2.com


持ち物全てをキャリーケースに収め、全国を旅しながら暮らしている方です。

しぶさんのTwitterプロフィールから引用

 

 

 

 

ミニマリスト」はどういういうものなのかわかりましたか?

 

 

続きを読む

予告 夏休み検証企画

f:id:hiroki-of-life:20170915215038p:plain

 

夏休み検証企画!

人は一日でどこまで歩けるのか?(予告編)

 

ただひたすら歩いても仕方がないので、いくつか設定を設けました。

  • 体力面を考えて往復で24時間の距離をGoogleマップにて設定
  • 何もない地点を行き先にしても仕方がないので目的地を設定
  • 熱中症を避ける為、朝からのスタートではなく、昼ごろをスタートに設定

 

実はもう行ってきました。  

 

記事更新までしばしお待ちを。

ボルダリングのはじめかた(必要なもの、服装編)

f:id:hiroki-of-life:20170817122108p:plain

 

ボルダリングやってみよう!」と思ったみなさん!

 

 

 「何持ってったらいいの?」

「何か準備とか必要なの?」と疑問に思っている方が多いでしょう。

 

 今回はボルダリングを始める前の準備について書いていきたいと思います。

 

ボルダリングについて知りたい方はこちら↓

 

hiroki-of-life.hatenablog.com

 

 

 

f:id:hiroki-of-life:20170913173211j:plain

 

 必要なのは動きやすい服装だけ!

 

「クライミング用の靴は?」と思うかもしれませんが、クライミングジムでは「レンタルシューズ」をレンタルすることができます。

 

値段は100~300円ほどで利用できます。

 

ライミングシューズの他にもジムによってはチョークもレンタルできます。

 

このチョークはクライミング専用のものになっています。

 

でも「滑り止め」のためのチョークではないんです。

登っているうちに自然と出てくる「汗」による手の滑りを防ぐためのチョークになります。

 

持ちづらい形のホールド(クライミングの時に持つ持ち手)やフリクションの弱い滑りやすいホールドを持つときにチョークアップしてから登ると持ちやすくなったりします。

 

 

最低限必要なのはこのぐらいですかね。

 

 

レンタルじゃ満足できない!

Myシューズ、Myチョークがほしい!

という方は....

 

 

 

ライミングシューズ

   

カッコいい!

ライミングシューズは10,000〜と値段は張りますが、もちろんレンタルシューズより性能は優れているので、より難しい課題を登れるようになるかも?

ライミングシューズを作っているブランドはたくさんあるので、自分のお気に入りの一足がきっと見つかります!

 

 

 

 

チョーク 

チョークは基本的に、パックに入れた状態で販売されているので、専用の「チョークバック」が必要になります。

 

 

 

チョークバック 

 

 

  

チョークバックもたくさんありますよ!

有名スポーツブランドのアディダスなんかもチョークバックを出しています。

ほかにも、自分だけのオリジナルのチョークバックを作っているクライマーの方もいます。 

オリジナルのチョークバックを作ってみるのもアリなんではないでしょうか?

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

次回、「クライミングシューズ」、「チョークバック」についての記事をあげる予定なのでそちらもよろしくお願いします!

 

 

SUBLIME BRUSH REVIEW!

SUBLIME BRUSH REVIEW!

f:id:hiroki-of-life:20170908170559j:image

f:id:hiroki-of-life:20170908174217j:image

今回はSublimeブラシ」の紹介と「pamoブラシ」との比較をして行きたいと思います。

このブラシは普通のブラシみたいに、靴を磨いたり、掃除するブラシではありません。

ライミングをする時に使う専用のブラシになっています。

 

f:id:hiroki-of-life:20170718182714j:plain

f:id:hiroki-of-life:20170718182545j:plain

コレです。

コレを磨くのに使います。

ライミングのホールドを磨くのに使います。

ホールドに溜まるチョークや、クライミングシューズのソールのゴムの削りカスを取る為に使うんです。

 

 

皆さん、思ったと思います。

「このブラシはクライミングの時に使うのは分かったけど、普通のブラシと何が違うの?」

 

では答えて行きたいと思います。

f:id:hiroki-of-life:20170908174123j:image

この写真を見ていただけると分かると思います。

このブラシは密度が凄いんです。密度が。

密度が高いので、すぐにホールドのチョークを落とせます。

 

でももう1つ気になるのが「耐久性」だと思います。

Tom RandallさんとSublime Climbing によると、14000回以上のブラッシングに耐えられるそうです。

 

これだけでも十分凄いと思うのですが、なんと一年間の保証が付いてきます!(保証の基準は記載がありませんでした)

 

ちなみに僕は京都のクライミングジムアドスムム新京極店で買ったのですが、税込1944円でした!

楽天Amazonでも販売しているそうです。

 


 

 

 

 

 

 

ここからはクライミングのブラシと言えば「pamo」が有名だと思いますが、その「pamoブラシ」sublimeブラシ」「チョークの落としやすさ」「耐久性」の2点から比較して行きたいと思います。 

(僕自身、「pamoブラシ」を所有しているわけではなく、クライミングジムにあるものとの比較になります。)

 

■チョーク落ち

pamoブラシ      ☆☆☆

Sublime ブラシ ☆☆☆☆

 

やはり2つとも普通のブラシと比べるとかなりチョークの落としやすさは優れていると思います。ですが、この2つのどちらが落としやすいかというと「Sublimeブラシ」の方が優れているという印象です。

■耐久性

pamoブラシ      ☆☆☆☆☆

Sublime ブラシ ☆☆☆

耐久性でいうと「pamoブラシ」に軍配が上がります。

実際に両方使ってみると、「Sublimeブラシの方は何本か抜けるというイメージがあるのですが、「pamoブラシ」の方はその様なイメージは無く、そのまますり減って行くというイメージです。

 

まとめ

「pamoブラシ」 も「Sublime ブラシ」も両方スゴく良いブラシですが、チョークの落としやすさを取るなら「Sublimeブラシ」、耐久性を取るなら「pamoブラシ」をおすすめします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

新しいクライミングブラシの参考にしていただければ光栄です!

 

 

 

 

 

 

漕ぐ?回す?

f:id:hiroki-of-life:20170901173528p:plain

 

「普段何気なく歩いている道、自転車に乗ってみると何か違うものを感じられるのか?」

 

 先日、やぎぺーさんのオンラインサロン(インサロ)に入り、その中のチームで、自転車に乗り「カフェ」と「寺or神社」の二つを縛りにし、普段、徒歩では感じられないモノを感じよう!という企画を決めました。

 

 今回はその企画に基づいて書き進めて行きます。

 

 早速行ってきました。

 

 まずは今回行動を共にする自転車の紹介をします。

 f:id:hiroki-of-life:20170903203348j:image

高校への通学で二年間お世話になったLouisGarneauの自転車です。高校時代は京都の伏見稲荷や嵐山、大阪の摂津峡などにサイクリングに行ってました。

 

 

大学に進学してジムに行くくらいしか乗る機会がなくなっていましたが、久しぶりにお世話になります。

 

 f:id:hiroki-of-life:20170903203357j:image

ステッカーに特にこだわりはなく、家にあったものを適当に貼りました。以前はポカリスエットの殻を貼ってる時もありましたw

 

では紹介はここまでにしておいて、、、

 

いざ出発!

 

 

スポーティな自転車なのもあってどんどんスピードが上がって行きます。

普段とろとろ歩いているのもあってか、あれ?スピード出しすぎかな?と思ってメーターを見てみると、、、22kmしか出てない!

高校の時は30kmオーバーで走ってたのに。

 

老いですかねw

 

そうこうしている間に着きました!

 f:id:hiroki-of-life:20170828174007j:image

去年の夏にopenしたHirakata T-site

高校時代に通っていた塾が隣にあったこともあり、よく行っていました。

スターバックスのコーヒーを飲みながらTSUTAYAの本が楽しめるという本好きにはたまらない場所です。

f:id:hiroki-of-life:20170827004219j:image

激レア画像ではないでしょうか?完成前の真っ二つの状態ですw

 

 

 

 見てくださいこの壁! 

 f:id:hiroki-of-life:20170828174028j:image

一面ズラーっと本が並んでます。

 

どうやって一番上の本を取るんや?と思うかもしれませんが、残念ながらハリボテですw

 

まぁオシャレなんで良しとしましょう。いわゆる「インスタ映え」ってやつですねw

 

 

ちゃっかり僕も写真撮ってきました。

 

かなり長い休憩を終え、次の目的地へ

 

 

 

 

 

 

 

片埜神社にきました!

 f:id:hiroki-of-life:20170827003848j:image

二年前に越してきたのもあり「寺or神社」はここしか思い浮かばなかったというクソみたいな理由でやってきましたw

 

 f:id:hiroki-of-life:20170827003910j:image 

 

 

f:id:hiroki-of-life:20170827003928j:image

 

f:id:hiroki-of-life:20170827003952j:image

 よくドラマなどで願いを叶えるために100回行き来するというやつです。

 

初めて見ました。

 

まさか近所にあったとはw

f:id:hiroki-of-life:20170827004020j:image

 こちらが本堂になります。

 

 

 

写真には撮らなかったのですが、京都の伏見稲荷大社のような鳥居があって、その鳥居に「稲荷」と書いてあったので何か関係があるのかもしれないです。 

 

あまり詳しいことはわかりませんがw

 

 

感想

「普段何気なく歩いている道、自転車に乗ってみると何か違うものを感じられるのか?」

                 ↓

得られた物

  • 焦り
  • 目新しさ
  • 意外性

この三つです。

 

一つ目はやっぱり、大学生になってスピード感は衰えた気がしました。定期的に自転車に乗ってスピード感を取り戻したいと思います。半年でこんなに変わるものなんですね。

 

二つ目はいつも身近にありつつも行かなかった場所に行くことで、「こういう場所だったんだ」という発見がありました。

 

最後の「意外性」というのは「昔行ったことがあるけど今は全然行っていない場所」or「身近だけどわざわざ行かないような場所」がたくさんあって、近場だからこそいざ行ってみるとおもしろかったりするというのを感じることができました。

 

 

最後に

本当にリフレッシュできました。

また時間を作って近場をサイクリングしたいと思います。

 

これから徐々に涼しくなっていくので皆さんも気軽に近場をサイクリングしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Team5.10 review

Team5.10 review

f:id:hiroki-of-life:20170823175150p:plain

 

 今回は5.10のteam5.10の一ヶ月使用後レビューをしたいと思います。一足目のshark2.0より1サイズほど攻めました。

 

   履き心地

 トゥーの性能

 ヒールの性能

 足裏感覚

 耐久性

 総合評価

 

 の順番に書いて行きたいと思います。

 

 

 

履き心地

f:id:hiroki-of-life:20170823175433j:plain

 [ダウントゥーの度合い]

 画像の通り、少しダウントゥーしてますが、ほど良い具合です。

 

 

[ターンインの度合い]

  ターンインはこの画像ではわからないですが、かなり強めで違和感を感じる人も少   なくはないと思います。 

(ターンインがわかりやすい画像が無くてすみませんm(_ _)m)

 

 

 

 

f:id:hiroki-of-life:20170823180426p:plain

[ラスト(足型)] 

 正直、かなり横幅は狭目に作られています。僕の場合、足型は幅広な方ではないですが、矢印で指した辺りが痛くなりました。

 

 [靴自体の伸びやすさ]

「良くチーファイは伸びない」と言われていますが、僕の足が慣れたのかもしれませんが、意外にも割と伸びた気がします。ですので、もっと攻めても良かったかなと思っています。

 

 

トゥーの性能

f:id:hiroki-of-life:20170823182317p:plain

 画像の赤丸を見てもわかるようにしっかりとラバーが貼られているので、バッチリかかります。僕自身、トゥーをかけて足が抜ける頻度がかなり減りました。

 

 

 

ヒールの性能

f:id:hiroki-of-life:20170823182948p:plain

 チーファイのヒールの形状は立体形成型のヒールでは無く、一般的に良くある形状の物となっています。このヒールはかなり柔らかく作られており、良く言う「潰して掛ける」というヒールの掛け方になると思います。またとても柔らかいため、ヒールが掛かっている感覚をしっかり感じることができると思います。

 

足裏感覚

f:id:hiroki-of-life:20170823183725p:plain

 [ソール]

 この靴のソールはステルスソールのハイフリクションが使われています。このソールは少し減りが早いそうですがフリクション力は他に有名なビブラム社のソールよりも優れていると思います。ボテや大きいホールドを踏んでみるとその違いがわかるのではないでしょうか?

 

 [シャンク]

 シャンクは他メーカーのスポルティバ、スカルパと違い、紙で作られています。

そのため、水洗いは出来ないというデメリットがあります。匂いなどは日陰に干すなどに頼るしかなさそうです。ですが、メリットもちゃんとあります。

(このメリットは人によってはデメリットに感じるかもしれません)

 

 シャンクが紙なので足の汗などの水分により、かなり柔らかくなります。履き始めてから二ヶ月経ちましたが柔らかくて有名なスカルパのドラゴにも引けを取らないほど柔らかくなりました。

 

  

耐久性

 

 耐久性はシャンクが紙なのもあり、それほど高くはないように感じます。まだ履き始めて二ヶ月ですのでなんとも言えないですがw

 

 

 

総合評価

f:id:hiroki-of-life:20170823175150p:plain

 履き心地   ☆

 トゥーの性能 ☆☆☆☆☆

 ヒールの性能 ☆☆☆☆

 足裏感覚   ☆☆☆☆

 耐久性    ☆☆?

   

 総合評価はこのようになりました。

 履き心地はやはり、足型を選ぶという点で星一つとなりました。

 トゥーやヒール足裏感覚の点では申し分ないと思います。

 耐久性の面では先ほど書いた通り使用期間が二ヶ月ほどなので☆☆?にしました。

 

 

 以上でteam5.10のレビューを終わります。 

 クライミングシューズ選びにこのレビューを参考にして頂ければ光栄です。