SUBLIME BRUSH REVIEW!

SUBLIME BRUSH REVIEW!

f:id:hiroki-of-life:20170908170559j:image

f:id:hiroki-of-life:20170908174217j:image

今回はSublimeブラシ」の紹介と「pamoブラシ」との比較をして行きたいと思います。

このブラシは普通のブラシみたいに、靴を磨いたり、掃除するブラシではありません。

ライミングをする時に使う専用のブラシになっています。

 

f:id:hiroki-of-life:20170718182714j:plain

f:id:hiroki-of-life:20170718182545j:plain

コレです。

コレを磨くのに使います。

ライミングのホールドを磨くのに使います。

ホールドに溜まるチョークや、クライミングシューズのソールのゴムの削りカスを取る為に使うんです。

 

 

皆さん、思ったと思います。

「このブラシはクライミングの時に使うのは分かったけど、普通のブラシと何が違うの?」

 

では答えて行きたいと思います。

f:id:hiroki-of-life:20170908174123j:image

この写真を見ていただけると分かると思います。

このブラシは密度が凄いんです。密度が。

密度が高いので、すぐにホールドのチョークを落とせます。

 

でももう1つ気になるのが「耐久性」だと思います。

Tom RandallさんとSublime Climbing によると、14000回以上のブラッシングに耐えられるそうです。

 

これだけでも十分凄いと思うのですが、なんと一年間の保証が付いてきます!(保証の基準は記載がありませんでした)

 

ちなみに僕は京都のクライミングジムアドスムム新京極店で買ったのですが、税込1944円でした!

楽天Amazonでも販売しているそうです。

 


 

 

 

 

 

 

ここからはクライミングのブラシと言えば「pamo」が有名だと思いますが、その「pamoブラシ」sublimeブラシ」「チョークの落としやすさ」「耐久性」の2点から比較して行きたいと思います。 

(僕自身、「pamoブラシ」を所有しているわけではなく、クライミングジムにあるものとの比較になります。)

 

■チョーク落ち

pamoブラシ      ☆☆☆

Sublime ブラシ ☆☆☆☆

 

やはり2つとも普通のブラシと比べるとかなりチョークの落としやすさは優れていると思います。ですが、この2つのどちらが落としやすいかというと「Sublimeブラシ」の方が優れているという印象です。

■耐久性

pamoブラシ      ☆☆☆☆☆

Sublime ブラシ ☆☆☆

耐久性でいうと「pamoブラシ」に軍配が上がります。

実際に両方使ってみると、「Sublimeブラシの方は何本か抜けるというイメージがあるのですが、「pamoブラシ」の方はその様なイメージは無く、そのまますり減って行くというイメージです。

 

まとめ

「pamoブラシ」 も「Sublime ブラシ」も両方スゴく良いブラシですが、チョークの落としやすさを取るなら「Sublimeブラシ」、耐久性を取るなら「pamoブラシ」をおすすめします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

新しいクライミングブラシの参考にしていただければ光栄です!

 

 

 

 

 

 

Team5.10 review

Team5.10 review

f:id:hiroki-of-life:20170823175150p:plain

 

 今回は5.10のteam5.10の一ヶ月使用後レビューをしたいと思います。一足目のshark2.0より1サイズほど攻めました。

 

   履き心地

 トゥーの性能

 ヒールの性能

 足裏感覚

 耐久性

 総合評価

 

 の順番に書いて行きたいと思います。

 

 

 

履き心地

f:id:hiroki-of-life:20170823175433j:plain

 [ダウントゥーの度合い]

 画像の通り、少しダウントゥーしてますが、ほど良い具合です。

 

 

[ターンインの度合い]

  ターンインはこの画像ではわからないですが、かなり強めで違和感を感じる人も少   なくはないと思います。 

(ターンインがわかりやすい画像が無くてすみませんm(_ _)m)

 

 

 

 

f:id:hiroki-of-life:20170823180426p:plain

[ラスト(足型)] 

 正直、かなり横幅は狭目に作られています。僕の場合、足型は幅広な方ではないですが、矢印で指した辺りが痛くなりました。

 

 [靴自体の伸びやすさ]

「良くチーファイは伸びない」と言われていますが、僕の足が慣れたのかもしれませんが、意外にも割と伸びた気がします。ですので、もっと攻めても良かったかなと思っています。

 

 

トゥーの性能

f:id:hiroki-of-life:20170823182317p:plain

 画像の赤丸を見てもわかるようにしっかりとラバーが貼られているので、バッチリかかります。僕自身、トゥーをかけて足が抜ける頻度がかなり減りました。

 

 

 

ヒールの性能

f:id:hiroki-of-life:20170823182948p:plain

 チーファイのヒールの形状は立体形成型のヒールでは無く、一般的に良くある形状の物となっています。このヒールはかなり柔らかく作られており、良く言う「潰して掛ける」というヒールの掛け方になると思います。またとても柔らかいため、ヒールが掛かっている感覚をしっかり感じることができると思います。

 

足裏感覚

f:id:hiroki-of-life:20170823183725p:plain

 [ソール]

 この靴のソールはステルスソールのハイフリクションが使われています。このソールは少し減りが早いそうですがフリクション力は他に有名なビブラム社のソールよりも優れていると思います。ボテや大きいホールドを踏んでみるとその違いがわかるのではないでしょうか?

 

 [シャンク]

 シャンクは他メーカーのスポルティバ、スカルパと違い、紙で作られています。

そのため、水洗いは出来ないというデメリットがあります。匂いなどは日陰に干すなどに頼るしかなさそうです。ですが、メリットもちゃんとあります。

(このメリットは人によってはデメリットに感じるかもしれません)

 

 シャンクが紙なので足の汗などの水分により、かなり柔らかくなります。履き始めてから二ヶ月経ちましたが柔らかくて有名なスカルパのドラゴにも引けを取らないほど柔らかくなりました。

 

  

耐久性

 

 耐久性はシャンクが紙なのもあり、それほど高くはないように感じます。まだ履き始めて二ヶ月ですのでなんとも言えないですがw

 

 

 

総合評価

f:id:hiroki-of-life:20170823175150p:plain

 履き心地   ☆

 トゥーの性能 ☆☆☆☆☆

 ヒールの性能 ☆☆☆☆

 足裏感覚   ☆☆☆☆

 耐久性    ☆☆?

   

 総合評価はこのようになりました。

 履き心地はやはり、足型を選ぶという点で星一つとなりました。

 トゥーやヒール足裏感覚の点では申し分ないと思います。

 耐久性の面では先ほど書いた通り使用期間が二ヶ月ほどなので☆☆?にしました。

 

 

 以上でteam5.10のレビューを終わります。 

 クライミングシューズ選びにこのレビューを参考にして頂ければ光栄です。

 

  

  

 

 

 

 

 

madrock shark 2.0 review

madrock shark 2.0 review

 今回はクライミングシューズのレビュー記事になります。

 僕の初めてのクライミングシューズがshark2.0です。

f:id:hiroki-of-life:20170718195631j:plain


 


 

 この写真は一週間ほど履いた時のものになります。(新品でなくてすみません🙇)

 比較対象が少ないのと経験が浅いのはご了承下さい。

簡単に感想を書いていくと

 

 トゥーのかかり

ヒールのかかり

足裏感覚

履き心地

耐久性

 

 

トゥーのかかり

 shark2.0のトゥーのかかりは比較対象が実際に履いたことのある5.10のローグ、スポルティバのソリューション、と比べるとかなり良く感じました。

 

 

 

ヒールのかかり

 shark2.0と聞くとおそらくこの立体成型型ヒールが思い浮かぶのではないでしょうか?

 評判通り、ヒールのかかりは最高でした。僕自身ヒールが一番苦手なので、この靴の性能をより引き出せるように努力したいと思います。

 

足裏感覚

 履き始めは足裏感覚はさほど良くはなかったです。この靴の特徴の一つでもあるつま先の少し前の部分が陥没しており、先端にかけての落差をつけることによって立ち込みをよくするようにソールを形成しているので、本来この靴のソールは柔らかいのですが、硬く感じ、「踏んでる?」と感じる時もありました。立ち込みはこの特徴のおかげか、かなりしやすかったです。

 しかし、僕自身の技術不足が原因ではあるのですが、この特殊な形状のソールの陥没した箇所とちょうど同じくらいのジブスに乗る課題があったんですけど、足変えの際に完全にそのくぼみにジブスがはまってしまいうまく足変えができないということが起きました。

 この時だけは普通のソールのものを選べばよかったと少し後悔しました。

 このことだけが原因ではないと思いますが、約二ヶ月という短期間でシャンクが潰れてしまいました。そこに関しては結構悲しかったです。

 でも履き込んでいくとわかったことなんですけど、この靴はかなり柔らかくなります。先日友人にスカルパのドラゴを履かしてもらったんですけどほとんど遜色のないくらいでした。

 

履き心地

 この靴は少しラストが特殊で(ほとんど全て特殊)で足型に合う方は珍しいそうです。

 それがあまり履いている人が少ないという一つの要因ではないでしょうか?

 ちなみに僕の足型にはばっちりでした。

この靴は特別に他の靴と比べて履きやすい方ではないと思います。

 

耐久性

 おそらくこの靴の耐久性はかなり低いと思います。先ほど書いた通り、僕の場合は約二ヶ月間でした。先日、購入したクライミングジムにいく機会があり、その時伺ったのですが、長くても半年ぐらいが目安だそうです。

 

 

以上でレビューを終わりたいと思います。

 耐久性を除けば、トゥーも良いし、ヒールも良い、最初のクライミングシューズにしては勿体無いほどいい靴でした。

 

 今回のレビューを見てクライミングシューズ選びの参考になれば光栄です。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。

僕がボルダリングを始めたわけ

f:id:hiroki-of-life:20170916214739p:plain

どうもhirokiです。

今回は三回に分けて投稿していきたいと思います。

  1. ボルダリングって何?
  2. ボルダリングってどこでできるの?
  3. 僕がボルダリングを始めたわけ←今回の記事 

前回の記事↓

hiroki-of-life.hatenablog.com

 

僕がボルダリングを始めたわけ

 

とうとうpart3になりました。

 

3回に分けてお送りしたましたこのシリーズも最後になります。

そもそもなんで僕がボルダリングを始めたかなんか知りたい人はいないと思いますが、第一回の記事を書いたときに題名を何にするか迷いに迷った挙句、どういうわけかこんな誰の興味も引かないような意味のわからない題名をつけてしまいました。

 

実際、「なんでこんな題名にしたんやろ」って今でも思ってます。

まあ編集で変えればいいだけの話なんですが、世の中になんで僕がボルダリングを始めたかなんかを知りたいっていう物好きな人がいることを信じてせっかくなんで書いていきたいと思います。

 

では本題に入ります。

 

実際のところ理由という理由はありません。

 

 

「え?なんで理由もないのにこんな記事書いてるの?」と思う方がほとんどだとと思いますが、ここは落ち着いてください。

 

理由というほどのものではなく「きっかけ」なんです。

 

今回はその「きっかけ」について書いていきたいと思います。

 

ここからは

僕がボルダリングを始めたきっかけでお送りしたいとおもいます。

 

 

 それは大学受験が終わって入学式が始まるまでの何にもすることのない

(今考えるとかなりもったいない)時期ありますよね?

 

その時期の終わりかけくらいに同じ塾に通ってた何人かでその塾のチューターと一緒に寿司を食べに行きました。

 

 もちろんチューターの人が奢ってくれました。

ごちそうさまでした。(なぜか焼肉から回転寿司に変わったとは言えない)

 

 僕たちは一年間勉強漬けだったこともあり、そこまで話す内容もなかったので、話題は受験が終わった今何してるんやという話になりました。

 

 僕も含め、大体が「バイト始めたー」とか

「何もせずに家でダラダラしてるー」ということを話しました。

 

 でも、その中にいた

「延沢」というぼーっとしていて、ぜんぜん勉強しないのになぜか賢く、筋トレもしないのになぜか筋肉はあり、運動神経抜群というとんでもないポテンシャルを持ってるっていう一言で表すと

「意味のわからんやつ」がいるんですけど、

f:id:hiroki-of-life:20170718193505j:plain

(のべ、マスクしてる写真なんで許してください🙇)

 

彼がボルダリングやってるー」と言い出して、僕自身、元からボルダリングをやってみたいと思ってたのもあり、彼にどんな感じなのかとかどこでやってるのかを聞いたのがきっかけです。

彼は忘れっぽいのでおそらく覚えてないとは思いますがw

 

というのが僕がボルダリングを始めたわけ(きっかけ)です。

 

今となってはクライミング沼に浸かってしまい、週4以上、多い時は週7で登っています。

まさかここまでハマってしまうとは思ってもいませんでした。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 


 

「ボルダリングジム」って?ボルダリングってどこでできるの?

f:id:hiroki-of-life:20170916220844p:plain

どうもhirokiです。

今回は三回に分けて投稿していきたいと思います。

  1. ボルダリングって何?
  2. ボルダリングジム」って?ボルダリングってどこでできるの?今回の記事
  3. 僕がボルダリングを始めたわけ

前回の記事↓

 

hiroki-of-life.hatenablog.com

 


 

ボルダリングってどこでできるの?

 

 ボルダリングは基本的に専用の施設で行います。

 

いわゆる「クライミングジム」と言うやつです。

f:id:hiroki-of-life:20170718182513j:plain

f:id:hiroki-of-life:20170718182619j:plain

 

この写真は僕がいつもお世話になっているクライミングジムです。場所は京阪の枚方市駅の裏側のロータリーにあるファミリーマートとかスタバの入ってるビルの6階にあります。

travisbouldering.com

 

 

 

料金は?

どのジムも大体は初回登録料約1500~2000円、一日利用料1500円~で利用できます。

中には初回登録料無料やレディースday何円引きなんてジムもあります。また、月会員というのもあって約10000円ほどで一ヶ月間登り放題というのもあります。

 

 

f:id:hiroki-of-life:20170718182714j:plain

 中から撮った写真

f:id:hiroki-of-life:20170718182631j:plain

 テラスから撮った写真

 

 ちなみに、僕がお世話になっているジムはクライミングジムなのにテラスがあります。ここで登る前にストレッチしたり、休憩がてらにゆっくりしている人もいます。

 

 そのほかにもジムがカフェと繋がっているだったり、二階構造になっていて一階から二階まで登っていくなんて課題があるジムや、黒板の壁があって、その壁の角度を変えて毎週違う課題を作っているという面白いジムがたくさんあります。

 

 

もちろん登ることがメインだと思いますが、ただ登るだけでなくこういった楽しみもあるのでいろんなジムに行ってみるのも面白いと思います。

 

次回の記事

hiroki-of-life.hatenablog.com


 

ボルダリングとは

f:id:hiroki-of-life:20170916215644p:plain

どうもhirokiです。

今回はボルダリングについての記事を三回に分けて投稿していきたいと思います。

  1. ボルダリングとは←今回の記事
  2. ボルダリングってどこでできるの?
  3. 僕がボルダリングを始めたわけ

ボルダリングって何?

 

 ボルダリングって聞くと真っ先に

「壁を登る」というイメージが思い浮かぶと思います。

 

そのあと、人それぞれ

「筋力ないから自分にはできそうにない」

 

「なんで壁なんか登るん?」

といったボルダリングに対してのネガティヴな先入観

「めっちゃ楽しそう」

「簡単に登れそう」

といったポジティブな先入観 があると思います。

 

 実際、ボルダリングは皆さんが持っている

「壁を登る」っていうイメージ通りのスポーツで、この下の画像の壁にひっついてる「ホールド」と言われる取っ手のようなものを掴んでゴールまで行くというスポーツです。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK75_borudaringukabe_TP_V.jpg

(クライミングウォール↑)

 

 

ではボルダリングに対するネガティヴイメージを払拭していきたいと思います。

 

 

①「筋力ないから自分にはできそうにない」

f:id:hiroki-of-life:20170704183329j:plain

 実際のところ、ボルダリングに筋肉は必要です。

 

筋肉があったほうが長時間自分の体を支えることができるし、しっかりとホールドを掴むことができます。

 

ですが、筋肉がありすぎて筋肉の重みに耐えきれなかったり、腕がすぐにパンプアップしてしまい長時間登ることができなかったりするなど筋肉があればうまく登れるというわけではないです。

 

f:id:hiroki-of-life:20170704184920j:plain

 上の画像の猿を見てください。

 

そんなにムキムキの筋肉を持っているわけでもないですが、彼らは腕だけでなく足、全身を使ってスルスル木を登っていきます。

 

 ボルダリングは腕だけで登るのではなく、足や全身を使うことが重要です。

そのため

必要なのは自分の体を支えられるだけの筋肉です。

僕の女性の友人は腕立て伏せすらできないですが、全身を使ってスルスルと登っていきます。

なので筋力がなくても全然気にすることはありません。

 

②「なんで壁なんか登るん?」

f:id:hiroki-of-life:20170704190021j:plain

 これは僕の完全なる主観的意見になります。

「登り終えた後の達成感」

「登っている間は無心になれる」の二つににつきると思います。

 

簡単な課題だとそれほど達成感は感じないですが、ずっと苦労してきた課題だと相当な達成感を得られると思います。

 

また、「無心になれる」というのは「どのように体を動かすのか」や「どのような順序で進んで行くのか」だけを考えながら登っているからだと思います。

 

 

 

さいごに

f:id:hiroki-of-life:20170704195741j:plain

ボルダリングとはどういうものかを知ってもらい、少しでもボルダリングに対するネガティヴなイメージがポジティブなイメージに変わったのなら嬉しいです!

 

次回は「ボルダリングってどこでできるの?」について書きたいと思います。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

 

 

次回の記事

hiroki-of-life.hatenablog.com

 

 


 

はじめに

初めまして!

f:id:hiroki-of-life:20170718171023j:plain

 2017年、7月4日から「Footprint by strange climber」始めます!

 

 簡単な自己紹介

 ではまず、名前から……「hiroki」と言います!

現在、京都の大学に通う98年生まれの18歳です。

「京都の大学に通ってる」と言うと、「京大?」と言われますが、全然普通の私立の大学に通ってます。

 趣味はボルダリングで大阪と京都でメインで登ってます。

 

https://photos-4.dropbox.com/t/2/AAB6NZHapjAeIaKSpTKt5Qu9obqRtoI8rLD9Hp4htr1JaQ/12/650376357/jpeg/32x32/1/_/1/2/2017-05-29%2011.52.19.jpg/EMLDjKUFGL0FIAcoBw/8_LNijizXKGcO4huTJy8U-zE8_W3gKQ7U8avWF6YF20?size=2048x1536&size_mode=3

 

 

 どのような投稿をしていくのか

                                                         

                           要するに雑記ブログですw

 

 現在の目標(ブログ以外も含む)

f:id:hiroki-of-life:20170704112246p:plain

  • 月間10,000pvを達成する
  • 段クライマーになる
  • アメリカのカリフォルニア大学に留学する
  • ネットショップを開く

 では今回はここまで!これからどんどん更新していくのでよろしくお願いします!