猿も木から落ちる

クライミングに関する疑問やあれこれを集約したブログです。クライミング以外のことも時々。

madrock shark 2.0 review

madrock shark 2.0 review

 今回はクライミングシューズのレビュー記事になります。

 僕の初めてのクライミングシューズがshark2.0です。

f:id:hiroki-of-life:20170718195631j:plain


 


 

 この写真は一週間ほど履いた時のものになります。(新品でなくてすみません🙇)

 

簡単に感想を書いていくと

 

トゥーのかかり

 shark2.0のトゥーのかかりは大きなトゥパッチが貼られていることもあり、良く感じました。

 

ヒールのかかり

 shark2.0と聞くとおそらくこの立体成型型ヒールが思い浮かぶのではないでしょうか?

 評判通り、ヒールのかかりは最高でした。巷ではエッジングができるヒールと言われています。僕自身ヒールが一番苦手なので、この靴の性能に助けられました。

 

足裏感覚

 履き始めは足裏感覚はさほど良くはなかったです。この靴の特徴つま先の少し前の部分が陥没させることで先端にかけての落差をつけることができ、立ち込みしやすくするようにソールを形成しています。そのため、本来この靴のソールは柔らかいのですが、硬く感じ、「踏んでる?」と感じる時もありました。立ち込みはこの特徴のおかげか、かなりしやすかったです。

 

 履き込んでいくとわかったことは、かなり柔らかくなります。履き始めの ドラゴくらいですかね。

履き心地

 この靴は少しラストが特殊で(ほとんど全て特殊)で足型に合う方は珍しいと伺いましたがどうなんでしょうか。 あまり履いている方は見ないですが、ただマイナーだからな気もします。

 

 

耐久性

 おそらくこの靴の耐久性はかなり低いと思います。僕の場合は二ヶ月くらいですかね。本気シューズと割り切って履くのも良いと思います。

 

以上でレビューを終わります。

 耐久性を除けば、トゥーも良いし、ヒールも良い、最初のクライミングシューズにしては勿体無いほどいい靴でした。

 

 

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。