madrock shark 2.0 review

madrock shark 2.0 review

 今回はクライミングシューズのレビュー記事になります。

 僕の初めてのクライミングシューズがshark2.0です。

f:id:hiroki-of-life:20170718195631j:plain


 


 

 この写真は一週間ほど履いた時のものになります。(新品でなくてすみません🙇)

 比較対象が少ないのと経験が浅いのはご了承下さい。

簡単に感想を書いていくと

 

 トゥーのかかり

ヒールのかかり

足裏感覚

履き心地

耐久性

 

 

トゥーのかかり

 shark2.0のトゥーのかかりは比較対象が実際に履いたことのある5.10のローグ、スポルティバのソリューション、と比べるとかなり良く感じました。

 

 

 

ヒールのかかり

 shark2.0と聞くとおそらくこの立体成型型ヒールが思い浮かぶのではないでしょうか?

 評判通り、ヒールのかかりは最高でした。僕自身ヒールが一番苦手なので、この靴の性能をより引き出せるように努力したいと思います。

 

足裏感覚

 履き始めは足裏感覚はさほど良くはなかったです。この靴の特徴の一つでもあるつま先の少し前の部分が陥没しており、先端にかけての落差をつけることによって立ち込みをよくするようにソールを形成しているので、本来この靴のソールは柔らかいのですが、硬く感じ、「踏んでる?」と感じる時もありました。立ち込みはこの特徴のおかげか、かなりしやすかったです。

 しかし、僕自身の技術不足が原因ではあるのですが、この特殊な形状のソールの陥没した箇所とちょうど同じくらいのジブスに乗る課題があったんですけど、足変えの際に完全にそのくぼみにジブスがはまってしまいうまく足変えができないということが起きました。

 この時だけは普通のソールのものを選べばよかったと少し後悔しました。

 このことだけが原因ではないと思いますが、約二ヶ月という短期間でシャンクが潰れてしまいました。そこに関しては結構悲しかったです。

 でも履き込んでいくとわかったことなんですけど、この靴はかなり柔らかくなります。先日友人にスカルパのドラゴを履かしてもらったんですけどほとんど遜色のないくらいでした。

 

履き心地

 この靴は少しラストが特殊で(ほとんど全て特殊)で足型に合う方は珍しいそうです。

 それがあまり履いている人が少ないという一つの要因ではないでしょうか?

 ちなみに僕の足型にはばっちりでした。

この靴は特別に他の靴と比べて履きやすい方ではないと思います。

 

耐久性

 おそらくこの靴の耐久性はかなり低いと思います。先ほど書いた通り、僕の場合は約二ヶ月間でした。先日、購入したクライミングジムにいく機会があり、その時伺ったのですが、長くても半年ぐらいが目安だそうです。

 

 

以上でレビューを終わりたいと思います。

 耐久性を除けば、トゥーも良いし、ヒールも良い、最初のクライミングシューズにしては勿体無いほどいい靴でした。

 

 今回のレビューを見てクライミングシューズ選びの参考になれば光栄です。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。